びろーん

■びろーん

▽解説

 佐藤有文の著作で紹介されている妖怪です。

 『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』には、びろーんは別名を「ぬりぼとけ」といい、全身がコンニャクのようにぶよぶよしていて、尻尾で人の顔や首を撫でるとあります。
 また、塩をかけると消えていなくなるそうです。

 挿絵には江戸末期に描かれたと思しき妖怪画(画像左に「ぬれほとけ」の文字が見える図版もあります)が使用されています。
 『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』では、このような姿になったのは「びろ・びろ・びろーん」という呪文を唱え仏様に化けようとして失敗した結果であると説明しています。

 当該妖怪画にそのような詞書は記されていないと考えるのが妥当であるため、「びろーん」という妖怪は佐藤の創作であると考えられています。


▽関連

塗仏





 昭和の創作妖怪群の中でも一際存在感のあるお化けです。脱力系ネーミングがいい味だしてます。