傘化け

■傘化け[かさば-]

▽解説

 目や口を生じ、柄が足になった傘は妖怪のデザインの典型として現在まで様々な図像のなかに姿をみせています。
 傘お化け、唐傘小僧などと呼ばれることもあります。
 特定の物語や伝承に基づいた造形ではなく、単に傘の妖怪を描いただけのものであるため、具体的な性質などは想定されていないといえます。





 『百鬼夜行絵巻』には杖をついて歩く傘の化け物が、河鍋暁斎の戯画『化々学校』には文明開化にあわせてコウモリ傘になった傘お化けが描かれていたりします。他にも短い2本足の傘もいたり、意外といろんなデザインがあるもんですね。