■鬼[おに] ▽解説  日本の代表的な妖怪のひとつです。  頭に角があり虎皮の褌を纏った筋骨隆々の姿が一般的に連想されますが、これは鬼が丑寅の方角(鬼門)から侵入すると考えられていたため、牛の角と虎の皮を着けた姿で想像されることになったものといわ ...

■一反木綿[いったんもめん] ▽解説  鹿児島県肝属郡高山町に伝わる妖怪です。  夜間、一反ほどの白い布が飛来して顔を覆い窒息させてしまうといいます。  伝承に則って描くならただの布なんですけど、それだと何だか味気ないじゃない。いや別にいい ...

■鬼火[おにび] ▽解説  各地に伝わる怪火です。  鬼火について、『和漢三才図会』は『本草綱目』を引き、土に染み込んだ戦死者や牛馬の血が年月を経て化したものだとしており、同じく霊の変化である人魂や陰火とは別物としています。  色は青、形は松明 ...

■逆柱[さかばしら] ▽解説  木を本来生えていたのとは逆の向きにして柱にすると、家屋の鳴動など様々な怪事や災難を引き起こすと考えられました。  鳥山石燕も『画図百鬼夜行』に「逆柱」として、逆さに立てられた柱から妖怪が抜け出す様を描いています。   ...

■網剪[あみきり] ▽解説  鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に描かれている妖怪です。  鋏をもつエビのようなものが家の縁側に浮かんでいる姿で描かれています。  この図に詞書は付されていませんが、これは網とアミ(糠蝦。アミ科の節足動物の総称)とをかけて ...

↑このページのトップヘ