■雪女[ゆきおんな]▽解説 各地でいう雪の妖怪です。 雪女郎、雪女子などと呼ぶ地域もあります。 東北や北陸、積雪の多い山間部に多くの伝承が残されていますが、四国や九州にも伝わっています。  雪の降る晩などに出没する女の妖怪で、その正体は雪の精霊や吹雪で遭難 ...

■魔縁[まえん]▽解説 魔縁とは、人心を乱し仏法の修行を妨害する悪魔を指す仏教の言葉です。 東京国立博物館蔵の『百鬼夜行絵巻(異本)』では、他の絵巻にも描かれている烏天狗のような妖怪に「魔縁」の名が付けられています。 ▽関連・天狗・魔羅  ...

■野宿火[のじゅくび]▽解説 『絵本百物語』にある怪火です。 これは「狐火」でも「草原火」でもなく、田舎道や街道、山中などに出現するもので、人のいないところでほとほとと燃えては消え、消えては燃えを繰り返します。 時として人が騒ぎ歌う声などが聞こえること ...

■虎にゃあにゃあ[とら-]▽解説 『怪奇談絵詞』に描かれている妖怪です。 絵巻の中に二ヶ所、計三体が描かれており、詞書には「禅宗の経文に、とらにゃあにゃあと云は是なり。慾深坊主の顔に似たり。丁銭を好んで、銭筒の竹に住む。しかも、だいのねこなでなり」「子が ...

■牛モーモー[うし-] ▽解説  『民間伝承』6巻8号、入江貫一による会員通信に記されているもので、因州鳥取地方にはこのような名の怪物がいるといいます。  丑年最後の妖怪図鑑更新です。  何をするのか、どんな姿なのかも分からない奴なので適当に ...

■ぬっぺっぽう ▽解説  化物尽くし絵巻や鳥山石燕の『画図百鬼夜行』などに描かれている、一頭身の肉塊のような妖怪で、いわゆる「のっぺらぼう」と同様、相貌の判然としない怪を描いたものと思われます。  名称はぬっぺっぽうの他、ぬっぺらぼう、ぬっぺふほ ...

■ジャン ▽解説  高知県高知市浦戸湾でいう怪異です。  海上でジャンジャン、ジャーンなどという音と共に、海が雷のようにパッと光を発するというもので、この音が聞こえると暫くは不漁が続くといいます。  物理学者・寺田寅彦は、この現象の原因を土佐沖 ...

■一本だたら[いっぽん‐] ▽解説  奈良県、和歌山県の境にある果無山脈を中心にした紀伊半島でいう妖怪です。一つだたらとも呼ばれます。 共通する部分は持っているものの、各地域で全く異なる妖怪として伝承が残されています。  紀伊半島や奈良県の伯母 ...

■蟹坊主[かにぼうず] ▽解説  大蟹あるいは化け蟹、蟹の化物などとも呼ばれる妖怪で、寺院の伝説や昔話として各地に伝わっています。  何度新しく住職がやってきても、その度にまたいなくなってしまう無住の寺に、あるとき旅の僧侶が泊まります。  する ...

■布這い[ぬのば-] ▽解説  青森県地方でいう妖怪です。  布を引くように地面をうねり歩く妖怪であるといいます。  絵に描かれた妖怪ではないので、姿は大徳寺真珠庵の『百鬼夜行絵巻』ほか多くの書物にある布を被った妖怪のものを拝借しました。 ...

↑このページのトップヘ