■逆柱[さかばしら] ▽解説  木を本来生えていたのとは逆の向きにして柱にすると、家屋の鳴動など様々な怪事や災難を引き起こすと考えられました。  鳥山石燕も『画図百鬼夜行』に「逆柱」として、逆さに立てられた柱から妖怪が抜け出す様を描いています。   ...

■網剪[あみきり] ▽解説  鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に描かれている妖怪です。  鋏をもつエビのようなものが家の縁側に浮かんでいる姿で描かれています。  この図に詞書は付されていませんが、これは網とアミ(糠蝦。アミ科の節足動物の総称)とをかけて ...

↑このページのトップヘ