■狸火[たぬきび]▽解説 狸が灯すとされる怪火で、各地に伝承があります。 徳島県三好郡山城谷村には、次のような狸火の話が伝わっています。 大正二年、秋も末頃の夕方のこと、山中から一隊の提灯の火が現れました。 その中には梔子燈籠らしき青白い光も混じってい ...

■タテエボシ▽解説 新潟県佐渡島の外海府小田でいう妖怪です。 海上で突然、目の前に高々と立ちはだかる得体の知れないもので、船に倒れこんでくるといいます。 ...

■うその精霊[-せいれい]▽解説  川崎市市民ミュージアム蔵の『化物絵巻』に描かれている妖怪です。  目鼻がなく、鯰のような髭を生やした坊主の姿で、着物の柄は鷽(うそ)と思われます。   エイプリルフールに合わせて描こうとしたんですけど……間に合いませんでし ...

 ■ふらり火[‐び]▽解説 『百怪図巻』などの化物尽くし絵巻や『画図百鬼夜行』に絵姿のある妖怪です。 化物尽くし絵巻では火炎の中央に犬のような顔をした鳥がいる姿、『画図百鬼夜行』ではより鳥らしさを強調した姿で描かれています。 松井文庫の『百鬼夜行絵巻』な ...

■怖獅子[おそれじし]▽解説 幕末に流布したと考えられる風刺画『怖獅子花畠ニテ一橋戯図』に描かれた獣です。  図にある怖獅子の顔と胴体は「会津」の文字で構成され、花の咲き乱れる橋の上に立っています。 獅子は美濃生まれで東国育ち、徘徊して人を傷つけるなど ...

 ■見越入道[みこしにゅうどう]▽解説 全国各地の伝承や文献に見える妖怪です。 はじめは小さな背丈で現れますが、見上げれば見上げるほど大きくなっていくという人型の妖怪で、夜道や坂道の突き当たりに出現するとされます。 その正体は狐狸や鼬、狢などの動物と伝わ ...

■髪切り[かみき-]▽解説 知らない間に何者かによって髪を切り落とされてしまう怪異で、様々な文献にその記述を見ることができます。 この現象の犯人は髪切り虫(人の髪を切り落とすという架空の虫)や狐狸であるといわれました。 『百怪図巻』などの化物尽くし絵巻には ...

 ■わいら▽解説 『百怪図巻』などの化物尽くし絵巻や『画図百鬼夜行』に描かれている妖怪です。 地面に這い蹲る鉤爪を持った妖怪で、いずれの資料にも下半身は描かれていません。『画図百鬼夜行』では、他の図にはみられない耳が描き加えられています。  わいらに関する ...

■ももんごまア▽解説 歌川国芳の戯画『流行道外こまづくし』に描かれている妖怪です。  『流行道外こまづくし』は、弘化元年の春から夏にかけて両国広小路で興行を行った竹沢藤次の曲独楽が大評判となったことにあやかって制作された「独楽づくし」の戯画のひとつです。  ...

■ももんがあ▽解説 ももんが、ももんがあはムササビ、モモンガを指す言葉であると同時に、関東、中部地方では化け物を意味する幼児語です。 化け物が人を脅すときの叫び声ともされ、大人が子供を脅かす際にも用いられました。 ムササビ類の飛膜を広げて滑空する性質から ...

↑このページのトップヘ