■髪切り[かみき-]▽解説 知らない間に何者かによって髪を切り落とされてしまう怪異で、様々な文献にその記述を見ることができます。 この現象の犯人は髪切り虫(人の髪を切り落とすという架空の虫)や狐狸であるといわれました。 『百怪図巻』などの化物尽くし絵巻には ...

 ■わいら▽解説 『百怪図巻』などの化物尽くし絵巻や『画図百鬼夜行』に描かれている妖怪です。 地面に這い蹲る鉤爪を持った妖怪で、いずれの資料にも下半身は描かれていません。『画図百鬼夜行』では、他の図にはみられない耳が描き加えられています。  わいらに関する ...

■ももんごまア▽解説 歌川国芳の戯画『流行道外こまづくし』に描かれている妖怪です。  『流行道外こまづくし』は、弘化元年の春から夏にかけて両国広小路で興行を行った竹沢藤次の曲独楽が大評判となったことにあやかって制作された「独楽づくし」の戯画のひとつです。  ...

■ももんがあ▽解説 ももんが、ももんがあはムササビ、モモンガを指す言葉であると同時に、関東、中部地方では化け物を意味する幼児語です。 化け物が人を脅すときの叫び声ともされ、大人が子供を脅かす際にも用いられました。 ムササビ類の飛膜を広げて滑空する性質から ...

■雪女[ゆきおんな]▽解説 各地でいう雪の妖怪です。 雪女郎、雪女子などと呼ぶ地域もあります。 東北や北陸、積雪の多い山間部に多くの伝承が残されていますが、四国や九州にも伝わっています。  雪の降る晩などに出没する女の妖怪で、その正体は雪の精霊や吹雪で遭難 ...

■魔縁[まえん]▽解説 魔縁とは、人心を乱し仏法の修行を妨害する悪魔を指す仏教の言葉です。 東京国立博物館蔵の『百鬼夜行絵巻(異本)』では、他の絵巻にも描かれている烏天狗のような妖怪に「魔縁」の名が付けられています。 ▽関連・天狗・魔羅  ...

■野宿火[のじゅくび]▽解説 『絵本百物語』にある怪火です。 これは「狐火」でも「草原火」でもなく、田舎道や街道、山中などに出現するもので、人のいないところでほとほとと燃えては消え、消えては燃えを繰り返します。 時として人が騒ぎ歌う声などが聞こえること ...

■虎にゃあにゃあ[とら-]▽解説 『怪奇談絵詞』に描かれている妖怪です。 絵巻の中に二ヶ所、計三体が描かれており、詞書には「禅宗の経文に、とらにゃあにゃあと云は是なり。慾深坊主の顔に似たり。丁銭を好んで、銭筒の竹に住む。しかも、だいのねこなでなり」「子が ...

■牛モーモー[うし-] ▽解説  『民間伝承』6巻8号、入江貫一による会員通信に記されているもので、因州鳥取地方にはこのような名の怪物がいるといいます。  丑年最後の妖怪図鑑更新です。  何をするのか、どんな姿なのかも分からない奴なので適当に ...

■ぬっぺっぽう ▽解説  化物尽くし絵巻や鳥山石燕の『画図百鬼夜行』などに描かれている、一頭身の肉塊のような妖怪で、いわゆる「のっぺらぼう」と同様、相貌の判然としない怪を描いたものと思われます。  名称はぬっぺっぽうの他、ぬっぺらぼう、ぬっぺふほ ...

↑このページのトップヘ