■わうわう ▽解説  『百怪図巻』などに描かれた妖怪です。  顔以外が毛に覆われた鬼女のような姿のこの妖怪は、『百怪図巻』では「わうわう」、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』では「苧うに」と名付けられています。更に松井文庫の『百鬼夜行絵巻』では「うわん ...

■砂村の怨霊[すなむら-おんりょう] ▽解説  歌川芳員の『百種怪談妖物双六』に描かれた妖怪のひとつです。  南瓜の蔓が手足となり、実が顔になっている化物です。  「砂村の怨霊」の名は、江戸時代に南瓜などが砂村(現在の江東区東部)の名物として生産さ ...

■びろーん ▽解説  佐藤有文の著作で紹介されている妖怪です。  『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』には、びろーんは別名を「ぬりぼとけ」といい、全身がコンニャクのようにぶよぶよしていて、尻尾で人の顔や首を撫でるとあります。  また、塩をかけると消 ...

■塗仏[ぬりぼとけ] ▽解説  『百怪図巻』などの化物尽くし絵巻や、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に描かれている妖怪です。  絵巻ではおおむね両目の飛び出した真っ黒な坊主で、背中に魚の尻尾のようなものがついた姿で描かれています。  『画図百鬼夜行』 ...

■銀杏の木の化物[いちょう‐き‐ばけもの] ▽解説  与謝蕪村の『蕪村妖怪絵巻』に描かれた妖怪です。  大きな頭の妖怪が鉦を叩く様が描かれ「鎌倉若八幡 銀杏の木のばけ者」と名が記されています。 ▽註 ・『蕪村妖怪絵巻』…与謝蕪村による妖怪絵巻 ...

■桂男[かつらおとこ] ▽解説  和歌山県東牟婁郡下里村では、満月でないときに月を長く見ていると桂男に誘われるといわれていました。  『絵本百物語』には人型の雲のような桂男が描かれ「月をながく見いり居れば桂おとこのまねきて命ちゞむるよし、むかし ...

■天井下[てんじょうくだり] ▽解説  鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に描かれている妖怪です。  髪を振り乱した妖怪が天井を破って出現しており、解説には「むかし茨木童子は綱が伯母と化して破風をやぶりて出、今この妖怪は美人にあらずして天井より落。世 ...

■狐[きつね] ▽解説  古くから霊獣視されてきた狐は、狸などと同様に化ける、化かす、人に憑く、怪火を点すといった様々な術を持つものとされてきました。  中国でも狐は怪しい動物とされ、『玄中記』には、狐は50歳で変化能力を持ち、百歳でよく美女に化 ...

■狸[たぬき] ▽解説  狸は古くから怪異をなす動物とされてきました。  化ける、化かす、人に取り憑くといった能力を持つと考えられ、各地に伝承が残っています。  新潟県佐渡島や四国、山陽地方には特に狸の話が多く残されており、四国では様々な妖怪、 ...

■肉吸い[にくす-] ▽解説  三重県熊野市や和歌山県の果無山などに伝わる妖怪です。  肉吸いは十八、十九歳くらいの美女に化けて現れ、ホーホーと笑いながら人に近付き、「火を貸してくれ」と言います。  このとき提灯を貸すと火を消され、暗くなったとこ ...

↑このページのトップヘ