■ぬらりひょん ▽解説  『百怪図巻』など狩野派絵師による化物尽くし絵巻に描かれている、大きな頭をもつ老人の妖怪です。  鳥山石燕の『画図百鬼夜行』にも描かれていますが、こちらは「ぬうりひょん」と名付けられていると紹介されていることもあります(従来通り「 ...

■海月の火の玉[くらげ-ひ-たま] ▽解説  『三州奇談』にある怪火です。  元文年間、加賀国大聖寺の侍・小原長八が全昌寺の裏手を夜半頃に歩いていると、生温い風と共に赤い火の玉が現れました。  斬り捨てたところ火の玉は2つに割れ、長八の顔に貼りつき ...

■古烏[こがらす] ▽解説  『土佐お化け草紙』に描かれている妖怪です。  詞書によれば、これは千年の年を重ねた烏が化したもので、生前に意地の悪かった人の死骸を掘り出して食うとあります。 ▽註 ・『土佐お化け草紙』…土佐で描き継がれていた ...

■百目鬼[どうめき] ▽解説  栃木県宇都宮市大曽の伝説に登場する妖怪です。  その昔、藤原秀郷が宇都宮付近を通りかかった時のことです。  秀郷の前に白髪の老人が現れて「大曽村の北西にある、兎田という馬捨て場で待たれよ」と言うなり消えてしまいま ...

■おそう ▽解説  湯本豪一氏所蔵の化物尽くし絵巻に描かれている妖怪です。  衣を着た獣のような顔の妖怪が上方から覆いかぶさるような体勢で描かれていますが、詳しいことは分かっていません。   ...

■海坊主[うみぼうず] ▽解説  日本各地の沿岸部に伝えられる海の妖怪です。  船を転覆させたり、凶事の前兆であったりする真っ黒な怪物であることが多く、『本朝俗諺志』には高さ十丈(約30m)の海坊主が阿波と土佐の国境の沖合いに出現したとの記述がありま ...

■のっぺらぼう ▽解説 目鼻口のない人間の姿をした妖怪です。 ぬっぺらぼう、ずんべらぼう、すべらぼう等と呼ぶこともあり、多くの場合に正体は狐狸や貉、川獺といった動物であるとされます。 ▽関連 ・狐 ・狸 ・再度の怪 ・ぬっぺっぽう   ...

■骸骨[がいこつ] ▽解説  死体の皮や肉が落ちて骨だけになった「骸骨」は妖怪画の題材として非常にポピュラーなものであるといえます。  葛飾北斎画の灯籠を持つ骸骨が月光を浴びて竹林に立つ『月下竹林髑髏』、蚊帳を覗く幽霊が骨格をむき出しにした姿で ...

■山彦[やまびこ] ▽解説  日本各地に伝わる山中の怪異です。  現在でも知られている通り、山などで発した声が反響して繰り返し聞こえる現象のことで、かつては谷山に棲む精霊が人の声を真似ているものだと考えられていました。  また木の精霊すなわち木 ...

■猪笹王[いのささおう] ▽解説  奈良県吉野山中、吉野郡川上村伯母ヶ峰でいう妖怪です。生笹、一本足、一本だたらと呼ばれることもあります。  昔、天ヶ瀬に射馬兵庫という猟師がいて、あるとき伯母ヶ峰の奥で背中に熊笹の生えた大猪を撃ち倒しました。 ...

↑このページのトップヘ