■蝦蟇[がま] ▽解説  蝦蟇はヒキガエルの俗称で、日本や中国では古くから怪異をなす生き物であると考えられてきました。  人間などの姿に変化する、怪火を灯す、人に取り憑く、箱などに閉じ込めておいても必ず抜け出す、海に入ってメバルになるなど、様々に ...

■傘化け[かさば-] ▽解説  目や口を生じ、柄が足になった傘は妖怪のデザインの典型として現在まで様々な図像のなかに姿をみせています。  傘お化け、唐傘小僧などと呼ばれることもあります。  特定の物語や伝承に基づいた造形ではなく、単に傘の妖怪を描い ...

■撞木娘[しゅもくむすめ] ▽解説  撞木娘は化物絵やかるたなどに見られる妖怪です。  撞木とは鐘などを打つ際に用いるT字型の仏具で、撞木娘の頭部も撞木のようにT字型をしていて、両端に目がついている顔はシュモクザメのようです。  「碓氷峠の撞木娘 ...

■一つ目坊[ひと‐めぼう] ▽解説  熊本県松井文庫の『百鬼夜行絵巻』に描かれている妖怪のひとつです。  その名の通り一つ目の妖怪で、額の点から何かを噴き出しています。 ▽註 ・『百鬼夜行絵巻』…尾田淑による妖怪絵巻。天保3年(1832)制作。熊 ...

■鵺[ぬえ] ▽解説  『平家物語』などに記述のある妖怪です。鵼とも表記します。  顔は猿、胴は狸、手足は虎、尾は蛇という姿で、トラツグミすなわち鵺のような声で鳴くためにこの名で呼ばれます。  平安時代、天皇(近衛天皇)の住む清涼殿の上空に毎夜黒 ...

■河童[かっぱ]  日本の代表的な水辺の妖怪です。  全国的に分布していると考えられ、川太郎、ガラッパ、シバテン、メドチ、ヒョウスベ、祇園坊主など、様々な呼び名の妖怪が「河童」として括られる場合があります。  利根川の禰々子や筑後川の九千坊など、 ...

■薬缶吊る[やかんづ-] ▽解説  長野県に伝わる妖怪です。  夜の森を歩いていると、樹上からやかんがぶら下がってくるといいます。   ...

■鬼[おに] ▽解説  日本の代表的な妖怪のひとつです。  頭に角があり虎皮の褌を纏った筋骨隆々の姿が一般的に連想されますが、これは鬼が丑寅の方角(鬼門)から侵入すると考えられていたため、牛の角と虎の皮を着けた姿で想像されることになったものといわ ...

■一反木綿[いったんもめん] ▽解説  鹿児島県肝属郡高山町に伝わる妖怪です。  夜間、一反ほどの白い布が飛来して顔を覆い窒息させてしまうといいます。  伝承に則って描くならただの布なんですけど、それだと何だか味気ないじゃない。いや別にいい ...

■鬼火[おにび] ▽解説  各地に伝わる怪火です。  鬼火について、『和漢三才図会』は『本草綱目』を引き、土に染み込んだ戦死者や牛馬の血が年月を経て化したものだとしており、同じく霊の変化である人魂や陰火とは別物としています。  色は青、形は松明 ...

↑このページのトップヘ