■毛朱[もうしゅ]▽解説 『平家物語』(長門本)や『源平盛衰記』にみえる獣の名で、平清盛がこれを捕えたとされています。 清水寺千日参詣を行った若き日の平清盛は、満願の夜に自身の両目が抜け出て宙を巡って消えるという、吉凶とも凶兆ともとれる不思議な夢を見ます。 ...

■ひぶしみ▽解説 鹿児島県沖永良部島に伝わるものです。 昔、「岩の笛吹松小父」と呼ばれる男がいました。親も兄弟もない独り者で、毎日舟に乗り笛を吹いて過ごしていました。 あるとき笛吹松は海辺で見つけたヒブシミ(イカの一種。コブシメ)を捕え、それと交わりました ...

■見しょう見しょう[み‐み‐]▽解説 『新説百物語』巻之一「見せふ見せふといふ化物の事」は女の首の化物が登場する怪談で、以下のような内容となっています。  京都の醒ヶ井通に書物屋の利助という者がおり、京大坂で書物を仕入れ、奈良まで通ってそれらを売っていま ...

■蚊の精[か‐せい]▽解説 狂言「蚊相撲」に登場するものです。 家来を一人しか持たないとある大名は、新参者を召し抱えようと思い立ち、ふさわしい者を探してくるよう召使いの太郎冠者に命じます。 街道へ出た太郎冠者は、折よく奉公先を求める相撲取りの男と出会いま ...

■金長狸[きんちょうだぬき]▽解説 講談や映画で人気を博した「阿波狸合戦」に登場する狸で、徳島県小松島市に伝わるものです。 天保(1830~1844)の頃。 小松島の日開野に大和屋という染物屋がありました。 ある時、主である茂右衛門の屋敷の土蔵脇に狸が巣穴を作り ...

■トイレの花子さん[‐はなこ‐]▽解説 主に日本全国の小学生の間で噂される、学校のトイレに出没する少女の霊です。 1980年代から「学校の怪談」流行期の90年代に最もよく語られたといわれますが、その数十年以前から原型となる話が伝わっていたようです。 全国 ...

■耳かじり女[みみ‐おんな]▽解説 都市伝説と呼ばれる話のうちよく知られるもののひとつとして、耳のピアス穴から出ていた謎の白い糸を引き抜いたところ、実はそれが視神経であったために失明してしまうというものがあります。 「耳かじり女」はこの話から派生した怪談 ...

■姦姦蛇螺[かんかんだら]▽解説 インターネット上で広まった怪談のひとつに登場する妖怪で、朝里樹著『日本現代怪異事典』によれば、初出は2009年3月にウェブサイト『ホラーテラー』に投稿されたものであるといいます。現在では、インターネット掲示板『2ちゃんねる』オ ...

■隙間女[すきまおんな]▽解説 都市伝説として語られる怪談に登場する妖怪です。 壁と家具の数センチ、数ミリほどの、人が入ることなど不可能な隙間から姿を現す女の怪だといいます。 独り暮らしの学生が自室で不意に視線を感じて周囲を調べていると、箪笥と壁の数ミリ ...

■テケテケ▽解説 主に下半身が欠損した人間の姿をした亡霊、妖怪の類として語られるもので、噂は1980年代から90年代頃に広く流布したようです。 手や肘を盛んに動かして接近してくる際の擬音が「テケテケ……」であることからこの名で呼ばれるものと一般的には理解されて ...

↑このページのトップヘ