■いっちゃもんの嫁[‐よめ]▽解説 鳥取県西伯郡中山町に伝わるものです。 昔、「いっちゃもん」という正直な魚売りの商人が、仕事を終えた雨降りの晩に綺麗な女に出会いました。 女はいっちゃもんをじっと見て言いました。 「あんたはいっちゃもんさんっていう人です ...

■北向きの隠居[きたむ‐いんきょ]▽解説 青森県三戸郡階上村に伝わる話に登場する化け狐です。 昔、ある村に美濃見藤蔵という名の狩人がいました。 いつものように山へ狩りに出かけて昼飯を食っていたところ、向こうの山際で一匹の子狐が雉の羽毛をむしり取っている様 ...

■ごじゃごじゃ狸[‐たぬき]▽解説 熊本県宇土郡三角町郡浦村に伝わる妖怪です。 これは八柳地区の高瀬家に伝えられていた話で、東京がまだ江戸と呼ばれていた時代の出来事であるといいます。 三角の山村・八柳には高瀬新之丞藤原勝近という、飛ぶ鳥をも撃ち落とす鉄砲 ...

■一本松の女[いっぽんまつ‐おんな]▽解説 佐藤有文著『日本妖怪図鑑』などで紹介されている妖怪です。 『日本妖怪図鑑』では「日本の妖怪地図」の章で千葉県の妖怪として紹介されています。 一本足で全裸の女が両手で胸を隠している姿が描かれており、松の木のそばに ...

■へらほう▽解説 福岡県立美術館寄託の化物尽くし絵巻に描かれている妖怪のひとつです。 姿は妖怪絵巻に多くみられる「ぬっぺっぽう」などと名付けられる妖怪の模倣ですが、典型例とは異なり赤い唇がついているのが特徴的です。 詞書によると、これは奥州より現れるもの ...

■阿弥陀魚[あみだうお]▽解説 中国遼代の僧・非濁が編んだ仏教説話集『三宝感応要略録』などにあるもので、日本では『今昔物語集』天竺部に収められています。 以下に『今昔物語集』巻第四「執師子国の渚に大魚寄せたる語」に基づいて内容を紹介します。  昔、天竺の ...

■鼻孔の虫[びこう‐むし]▽解説 中国南北朝時代に編まれた仏教類書『経律異相』に「出居士物故為婦鼻中虫経」を出典として収められている説話で、日本では『沙石集』などで引用されています。 天竺にとある優婆塞(在家の仏教徒で、善事をなしてよく戒律を守る者)がお ...

■百丈野狐[ひゃくじょうやこ]▽解説 中国唐代の禅僧・百丈懐海にまつわる逸話で、宋代に編まれた公案集『無門関』にも引かれて広く知られているものです。 百丈和尚の説法があるとき、いつも大衆の後ろで聴聞する一人の老人の姿がありました。聴衆が去ると、この老人も ...

■共命鳥[ぐみょうちょう]▽解説 中国後秦代の西域僧・鳩摩羅什(344~413)が訳した『阿弥陀経』によれば、極楽浄土には白鵠、孔雀、鸚鵡、舎利、迦陵頻伽、共命鳥(共命之鳥)の六鳥が常にあり、和雅なる声を発して仏の教えを伝え、これを聴く者に仏法僧の三宝を念じさせる ...

■ぬらりひょん▽解説 薩摩に伝わる『大石兵六物語絵巻』に登場する狐が化けた妖怪の一種で、主人公の若侍・大石兵六を脅かすために現れます。 巧みに人を騙し、髪を剃り落としてしまう薩摩の悪狐たち。その退治に出かけた大石兵六ですが、既に宇蛇、簑姥上、三目猴猿とい ...

↑このページのトップヘ