■政木狐[まさきぎつね]▽解説 曲亭馬琴作の読本『南総里見八犬伝』に登場するものです。 狸が化けた妖尼妙椿の術のために不義密通の汚名を着せられて安房を出ることになった八犬士のひとり・犬江親兵衛は、江戸に到ると上野不忍池のほとりにある茶店に立ち寄りました。 ...

■角兵衛狸[かくべえだぬき]▽解説 十返舎一九作『化皮太鼓伝』の登場人物のひとりとして活躍する化け狸です。 荒くれ者の妖怪・白だわしが地獄の鬼たちを相手に乱暴狼藉をはたらいた末に捕えられ、地獄へ連行されようとしていた時のことでした。 鬼たちの行く手に、目 ...

■妙椿[みょうちん]▽解説 曲亭馬琴作『南総里見八犬伝』における悪役のひとりで、第百回より登場します。  蟇田素藤(ひきたもとふじ)は元山賊ながら、悪政をふるう上総館山城主・小鞠谷如満に対抗して人々の支持を得ると、遂には城を奪い取って新城主の座に上り詰めま ...

■安倍山の山彦[あべやま‐やまびこ]▽解説 十返舎一九作『化皮太鼓伝』に登場する妖怪です。 箱根の先で繰り広げられた、木枯らしの森の化け狐と魍魎の婚儀を巡る騒動。妨害を企む狸の一味がうち散らされて一段落ついたかと思いきや、ある夜の丑三つ時、恐ろしげな顔つ ...

■庚申山の山猫[こうしんやま‐やまねこ]▽解説 曲亭馬琴作『南総里見八犬伝』に登場する妖怪です。 下野の郷士の子・犬村大角(いぬむらだいかく)が仁義八行の霊玉を得た八人の勇士「八犬士」に加わるまでの物語に敵役として現れ活躍します。 時は文明十二年(1480)。  ...

■おちよぼん▽解説 十返舎一九作『化皮太鼓伝』に登場する妖怪です。 昔から羽州の山中に暮らす「魍魎」は、数多の眷属を従える大物の化物でした。その息子の魍魎はまだ年若く、近所に住む化物の娘・おちよぼんと将来を誓い合っていたものの、互いの親に口出しされること ...

■玉梓[たまずさ]▽解説  曲亭馬琴作『南総里見八犬伝』に登場する人物で、物語の発端に深く関わる傾国の美女です。   安房四郡のうち長狭と平群の二郡を領地とし、多くの家臣を従える滝田城主・神余光弘(じんよみつひろ)はその満ち足りた境遇から驕り高ぶり、酒色に ...

■鯖の生き腐り[さば‐い‐ぐさ‐]▽解説 鯖は水から揚げるとすぐに死んでしまい、内臓に含まれる酵素の働きのために傷みやすく、新鮮なように見えても食中毒を起こしやすいことから、俗に「鯖の生き腐り(生き腐れ)」といわれました。 滑稽本『諺臍の宿替』にはこの言葉 ...

■将棋倒し[しょうぎだお‐]▽解説 『曽呂利物語』に収められた怪談の一編に「将棊倒しの事」という題の話があります。 関東のある侍が主の命に背き、東岸寺なる寺で腹を切って果てました。 寺では翌日に葬儀を行おうと準備が進められていました。棺に納められた侍の遺 ...

■黒色の女房[こくしき‐にょうぼう]▽解説 『諸国百物語』巻之二には「ぶんごの国何がしの女ばう死骸を漆にて塗りたる事」という話が収められています。 豊後国に暮らす某の妻は十七歳、世に隠れなき美人でした。夫婦は仲睦まじく、夫は常々「もしもお前が先立ったとし ...

↑このページのトップヘ