■ピエロ▽解説 いわゆる学校の怪談として語られる妖怪のひとつで、小学校やその周辺などにピエロが現れるというものです。 ただ出てくるだけで害はないとするものから不思議な行動をとるもの、出会った子供に危害を加えるものまで様々な噂があったようで、「学校の怪談」 ...

■お香代水神[‐かよすいじん]▽解説 長野県飯田市千代に伝わるもので、禿(かむろ、かぶろ)水神とも呼ばれています。 昔、千代村の庄屋・徳兵衛は三十三観音参りを終えて帰る途中、見慣れない女の子に出会いました。 女の子は河原の石に手を合わせて一心に拝んでいたか ...

■伊吹山の水神[いぶきやま‐すいじん]▽解説 『金玉ねぢぶくさ』巻之七には「伊吹山の水神」という話が収められています。  江州伊吹山には様々な草が生えており、昔から多くの人が薬草を求めて分け入っていました。守山宿の医師・玄仲(げんちゅう)もそのような者の一 ...

■水虎様[すいこさま]▽解説 青森県津軽地方で祀られる一種の水神で、スイコサマ、シッコサマ、セッコーサマなどと発音されるようです。 いわゆる河童の姿をした木像や石像が各集落の神社境内や路傍、水辺といった場所に置かれ、水難除けの祈りを集めていました。呼び名 ...

■天呉[てんご]▽解説 大陸に古くから伝わる水神の一種です。  中国古代の地理書『山海経』「海外東経」によれば、天呉は朝陽の谷に棲む神で水伯(水神)であるといいます。二つの川の間にいて、その姿は八首人面にして八足八尾。全身あるいは背中が青黄色だといいます。 ...

■ゴキブリの霊[‐れい]▽解説 現在「ゴキブリ」と呼ばれている虫について、江戸時代の『和漢三才図会』「蜚蠊」の項には「和名 豆乃無之(つのむし)俗云油蟲」とあり、かつては「油虫」という呼び名が一般的であったことがうかがえます。また、この虫の老いたものが五器 ...

■芥の虫[あくた‐むし]▽解説 『神道由来の事』に記述のある怪虫です。 これは室町時代頃の写本が残されている書物で、天地開闢から天岩戸、八岐大蛇退治などの神話を神仏習合的世界観のもと語るものです。 「あくたの虫」は「さくゝの宮」の由来を説く部分に登場しま ...

■火間虫入道[ひまむしにゅうどう]▽解説 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』にある妖怪です。 縁の下から半身を出し、灯明皿の油を舐めとろうとしているような首の長い男の化物が描かれ、「人生勤にあり。つとむる時は匱しからずといへり。生て時に益なく、うかりうかりと間(ひ ...

■油虫の祟り[あぶらむし‐たた‐]▽解説 『奇談雑史』には「油虫のたゝりの事」と題して次のような話があります。 大坂のとある借家に暮らす女は幼い頃から油虫(あぶらむし。ここではゴキブリのことと思われる)をひどく嫌って、見かけたときはいつも熱湯を浴びせて殺し ...

■赤い妖怪[あか‐ようかい]▽解説 大徳寺真珠庵蔵の絵巻(室町時代、伝土佐光信筆)を筆頭に、数多の作品が現存している「百鬼夜行絵巻」と総称される絵画の中に、高い頻度で全身赤色の丸い妖怪の姿をみることができます。 丸くのっぺりとした、膨らんだような赤い体に前 ...

↑このページのトップヘ