■痩我慢[やせがまん]▽解説 『画本纂怪興』にある妖怪です。 団扇を持ち、顔から氷柱のような大汗を垂らしながらも炬燵に足を入れている男が描かれており、「大名の火にくばりて死たるが、詫人(わびびと)と生れ来り、寒中に冷素麺(ひやそうめん)、暑中に置炬燵(おきごた ...

■赤入道[あかにゅうどう]▽解説 『ばけもの絵巻』に描かれている妖怪のひとつです。 近江国、武佐のある寺の藪には赤入道という化物が出ると噂されていました。 ある男は時折この寺の留守番を務めることがありながら、このような化物はいないと断言していました。 人 ...

■炬燵の妖怪[こたつ‐ようかい]▽解説 『化物判取帳』には「炬燵妖怪(こたつのようかい)」と題した次のような話があります。 江戸金六町に九八という商人がおり、出店に金四郎という支配人(番頭が複数いる場合、その上位にある者)をおいていました。 十月のえびす講 ...

■さむがり狸[‐たぬき]▽解説 俗に「狸の金玉八畳敷き」といい、狸は非常に大きな陰嚢をもつ動物として理解され、戯画化されてきました。 浮世絵師による狸の絵にも巨大な陰嚢の形を様々に変え、工夫を凝らして人間の道具のように用いたり、他の動物や妖怪、神仏などに ...

■三つの髑髏[みっ‐ しらこうべ]▽解説 『せん三つはなし』にあるものです。 昔、ある人が夢の中で炬燵にあたっていたところ、庭先から三つの髑髏(しらこうべ)がやって来て、口々に「我が仇をとりてたべ」と言いました。 目が覚めてから、不思議に思って夢の中で髑髏が ...

■教え舌[おし‐じた]▽解説 『撰集抄』には「死人頭誦法華」と題して、以下のような話が語り手の聞いたこととして記されています。 陸奥国平泉郡に坂芝山という山がありました。  この山の川端に高さ一丈余の石塔が建っており、それには次のようないわれがあるといわれ ...

■小町の髑髏[こまち‐どくろ]▽解説 平安時代の歌人で絶世の美女と謳われた小野小町の生涯は詳らかでない点が多く、晩年についても日本中に伝承が残され、彼女を葬ったとされる塚などは各地にみられます。 伝説の多くは年老いて零落した小町について語るものであり、既 ...

■歌う骸骨[うた‐がいこつ]▽解説 「歌う骸骨」「歌い骸骨」などの題で知られる、全国的に分布している怪談です。 同郷の二人が出稼ぎに赴き、一方は真面目に働いて金を貯めるも、放蕩のために蓄えもないもう一方の男によって殺害されてしまいます。 彼の金を奪って帰 ...

■髭女[ひげおんな]▽解説 草双紙『化物一家髭女(ばけものひとつやのひげおんな)』に登場するもので、悪人・横川郷介を脅かす化物の一体として現れます。 横川郷介という侍は、あるとき亀崎権之進の娘おまんに惚れ、どうにか口説き落とそうとたびたび文などを送っていま ...

■チクリ▽解説 湯本豪一著『古今妖怪纍纍』(2017年刊)所載の『妖怪尽くし絵巻』(東海坊散人作、昭和時代)に描かれている妖怪のひとつです。 顔は髷を結った女、体は蠍という奇抜な姿の妖怪で、「チクリ」と名付けられています。 なお、女の顔は既存の図版を模倣したもの ...

↑このページのトップヘ